トップ > スポーツ関連の職業 > ゴルフキャディになるには

ゴルフキャディになるには

ゴルフキャディは、ゴルファーに付きともにコースをまわってゴルファーをサポートするのが主な仕事です。ゴルフキャディにはハウスキャディとプロキャディがいます。

ゴルフのキャディの仕事は残りヤードをアドバイスしたり、状況に応じたクラブ(あるいはゴルファーに指定されたクラブ)をゴルファーに渡す、ラフに入ったボールを探すといったことがあります。

そうそうゴルフキャディーバッグを運ぶこともゴルフのキャディの大切な仕事ですよね。

ゴルフのキャディになるにはゴルフ場に勤務するハウスキャディの場合はアルバイトやパートというかたちで募集されていることが多く、学生や主婦など女性が多いという特徴があります。

プロのキャディになると直接プロゴルファーと専属契約を結び、月に7万程度の基本給と賞金による歩合給を報酬としてます。タイガーウッズのキャディが世界で一番稼いでいるキャディであることは明白です。

いずれにせよ、キャディにはコースや状況に応じてのゴルフクラブの選択のアドバイスやグリーン上の芝目についてのアドバイス等、的確にゴルファーにアドバイスする必要があります。

この記事のカテゴリーは「スポーツ関連の職業」です。
関連記事

ゴルフキャディになるには

ゴルフのキャディはゴルファーについてプレーの進行をサポートする仕事です。

スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーは、スポーツ選手のコンディションを整え、最高のパフォーマンスを引き出すサポートをするのが仕事になります。

プロゴルファーになるには

プロゴルファーは何かと話題になることが多い最近注目のスポーツ選手です。

プロサッカー選手になるには

プロサッカー選手は、人気スポーツであるサッカーをやる少年少女には憧れの職業です。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ファッション・メイク・ブライダル」です。2007年11月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「スポーツ関連の職業」です。2007年10月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。2007年09月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索