トップ > ファッション・メイク・ブライダル > アイラッシュアーティストになるには

アイラッシュアーティストになるには

アイラッシュアーティストはアイラッシュサロンに訪れたお客さんに似合うまつ毛エクステを施術して瞳のイメージをボリュームアップをさせて演出するアーティストです。


アイラッシュとは付けまつ毛のことで、エクステなどとも言われます。今や女性のオシャレとして当たり前になったアイラッシュですが、自分でうまくボリュームアップをさせて瞳を大きく見せるようにまつ毛を付けるのはなかなか難しいはずです。


きれいにまつ毛を装飾するのはもちろんですがまつ毛のケアも仕事のひとつなので手先の器用さに加えてまつ毛の手入れに関しての知識も勉強する必要があります。


アイラッシュアーティストになるには、アイラッシュスクールや美容学校などで研修や講座を受講してからアイラッシュサロンに就職するという方法があります。


アイラッシュアーティストの技術自体は3ヶ月程度の研修で身に付けることができるということで研修後いきなり独立するということもできるでしょう。


かつてネイルアートが非常に流行ったようにまつ毛エクステをアイラッシュサロンで施術してもらうというのが流行っているのでアイラッシュアーティストの需要と報酬も今はいいようですが将来的にそれが続くかというかはわかりません。


ネイルアーティストに比べて芸術的な付加価値が付けられないこともあり、コンテスト大会などで入賞するなど実力を示す実績を付けられないのが問題でしょう。


現在はアイラッシュアーティストをメインにして働きたいという人がいるかたわらアートメイクサロンやヘアメイクサロンの業務の幅を広げるためアイラッシュの技術を身に付けるというケースも多いようです。

この記事のカテゴリーは「ファッション・メイク・ブライダル」です。
関連記事

アイラッシュアーティストになるには

アイラッシュアーティストはまつ毛エクステをプロ仕様に施術するのが仕事です。

調香師(パフューマー)になるには

調香師(パフューマー)は香りを極めたスペシャリストで、商品の香りの開発を担います。

美容師になるには

美容師は「手に職」の技術系職業では定番中の定番の職業ですが現在は飽和状態といわれます。

ファッションモデルになるには

ファッションモデルは企業の広告やテレビCMなどいたるところで活躍する時代のファッションリーダーです。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ファッション・メイク・ブライダル」です。2007年11月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「スポーツ関連の職業」です。2007年10月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。2007年09月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索