トップ > フード・調理 > パン職人になるには

パン職人になるには

パン職人は、おいしいパン、こだわりのパンを作るのが仕事です。個人で経営する小さなベーカリーやレストランで働くほか、大手メーカーの製パン工場などに勤務してパン作りを行います。


パン職人の朝は早く、朝の5時〜6時ぐらいには仕事がはじまります。パンは種類ごとに原料の配分や製造方法が異なるうえ、酵母菌の特性を知り尽くしていないと毎日同じパンは作れないため、長年の経験に裏打ちされた知識と技術は欠かせません。


パン職人になるには、製パン科や製パン課程のある専門学校でパン作りの技術を習得する方法があるほか、直接パン屋に弟子入りして修業をはじめるのも一つの手段です。


就職先としては、パン職人として、将来は独立を考えている場合は、個人経営の小さなベーカリーなどでパン作りの基本からお店の経営手法といったノウハウを学ぶのがよく、労働環境や条件を気にするのであれば大手メーカー製パン向上に勤めるのがいいでしょう。


女性にも人気のあるパン職人ですが蒸し暑い工房のなかで小麦粉の重い袋を運んだり、力仕事と立ち仕事がほとんどなので体力的に結構きついです。また、お客さんの嗜好や流行から日々アイデアに富んだ新しいパンを生み出すオリジナリティーもパン職人には求められます。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。
関連記事

寿司職人になるには

寿司職人は日本だけでなく世界で食べられている日本の伝統食である寿司を握るのが仕事...

料理研究家になるには

料理研究家は、料理学校や料理教室の先生の先生のことです。有名になると研究家になります。

パン職人になるには

パン職人は体力勝負です。早起きと力仕事、酵母菌と会話できることが必要です。

パティシエになるには

パティシエはデザート、スイーツ作りの職人です。女性のパティシエの姿が増えています。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ファッション・メイク・ブライダル」です。2007年11月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「スポーツ関連の職業」です。2007年10月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。2007年09月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索