トップ > フード・調理 > 寿司職人になるには

寿司職人になるには

寿司職人は日本だけでなく世界で食べられている日本の伝統食である寿司を握るのが仕事です。日本ブーム、和食ブームの高まりのなか海外で活躍する寿司職人も増えています。


お寿司屋さんといっても昔ながらのお寿司屋さんと回転寿司屋があります。両者の違いは仕入れ、仕込み、にぎり、勘定という作業が分業されているかどうかにあります。(味も違いますけど)。


寿司職人は朝早くに魚市場で仕入れを行い、仕入れてきた材料を仕込みネタにします。またシャリの酢合わせなども重要な仕事です。


仕入れの際の魚を見ぬく目、仕込み具合が美味しい寿司を作れるかどうかが寿司職人の技術と経験の差がでるところです。


また、寿司職人にとっては、カウンター越しに接するお客さんとの会話が非常に重要になります。会話の中からお客さんの好みや体調を見極め、それにあわせて寿司を作っていきます。


寿司の世界ではお店より寿司職人にお客がつくといわれているためいかにお客さんとの関係を築けるかコミニュケーション能力も必要になってきます。


寿司職人になるには、学歴は問われず、指先の感覚や経験が重要な世界であるため義務教育が終わるとすぐに弟子入りなり公共職業安定所の紹介で入職するのが一般的です。


入職してから1、2年は見習いとして厳しい上下関係にもまれながら皿洗い、掃除、出前などをこなして実地で技術を学びながら修業を続けて、10年でやっと一人前の寿司職人になれるといいます。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。
関連記事

寿司職人になるには

寿司職人は日本だけでなく世界で食べられている日本の伝統食である寿司を握るのが仕事...

料理研究家になるには

料理研究家は、料理学校や料理教室の先生の先生のことです。有名になると研究家になります。

パン職人になるには

パン職人は体力勝負です。早起きと力仕事、酵母菌と会話できることが必要です。

パティシエになるには

パティシエはデザート、スイーツ作りの職人です。女性のパティシエの姿が増えています。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ファッション・メイク・ブライダル」です。2007年11月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「スポーツ関連の職業」です。2007年10月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。2007年09月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索