トップ > フード・調理 > 料理研究家になるには

料理研究家になるには

料理研究家は、料理学校や料理教室の先生のことです。有名になって料理雑誌や料理本などを出版して、テレビの料理番組などに出ると「料理の先生→料理の研究家」と肩書きが変わるような感じがします。


料理研究家は、新しい料理メニューの開発や料理のアドバイスをするのが仕事で、料理好きな方には非常に人気がある職業ですが、今現在は女性の料理研究家が圧倒的多数です。


ただの料理の先生から料理研究家になるにはオリジナルレシピに定評があるだとか、料理教室での講義が面白く、巷で話題になっているなどするとマスコミに注目され、料理研究家として取り上げられることが多いようです。


料理研究家になるには料理研究家のもとでアシスタントとして働くことが一番の近道ですが、専業主婦や料理本の編集者から転身する人もいるようです。食に関わる仕事なので短大、専門学校、大学などで栄養学や調理について学び、栄養士の資格か調理師の免許があると役に立つでしょう。


料理研究家にはダイエット食に特化したレシピやメニュー、和風とタイ風を組み合わせた創作料理のメニューを専門にするなど、数いる料理研究家から注目されるためにも自分の料理の得意分野をもつことやオリジナリティー溢れる独創的なレシピを作れることが大切です。


そのためにも数多くの料理現場をたずね食べ歩き、料理に関するセンスとアイデアを取り入れながら食文化全般への造詣を養うことも必要になるでしょう。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。
関連記事

寿司職人になるには

寿司職人は日本だけでなく世界で食べられている日本の伝統食である寿司を握るのが仕事...

料理研究家になるには

料理研究家は、料理学校や料理教室の先生の先生のことです。有名になると研究家になります。

パン職人になるには

パン職人は体力勝負です。早起きと力仕事、酵母菌と会話できることが必要です。

パティシエになるには

パティシエはデザート、スイーツ作りの職人です。女性のパティシエの姿が増えています。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ファッション・メイク・ブライダル」です。2007年11月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「スポーツ関連の職業」です。2007年10月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。2007年09月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索