トップ > フード・調理 > 栄養士になるには

栄養士になるには

栄養士は、栄養管理と栄養指導の専門家であり、健康的な生活を送るうえで欠かせない食事についてのアドバイザーとしての役割を担う職業です。


栄養士の仕事は、学校に通う児童や生徒、病院の入院患者の健康促進のために食事と健康の関係についてアドバイスする「栄養指導」と各種給食施設において、栄養バランスのとれた献立を作成し、調理方法の改善指導等に関わる「食事管理」の2通りがあります。


栄養学の専門知識をもとに、必要な栄養素やカロリー計算をした献立を考えて調理師に調理方法を指導するほか自らも調理に参加する栄養士もいます。


いずれも乱れがちな現代人の食生活に関して「生活習慣病」の予防や「食育」の重要性が叫ばれており、この2つは国家的に取り組んでいることですので栄養士の役割は重大です。


栄養士になるには、大学の家政学科や生活科学科あういは栄養専門学校など栄養士養成施設を卒業することで栄養士の資格が取得できます。また、栄養士の上位資格として管理栄養士というものがあります。


栄養士が活躍するのは学校や病院、給食センターなどがありますが、最近は養護施設や養護老人ホーム等の福祉施設に勤務するケースも増えています。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。
関連記事

寿司職人になるには

寿司職人は日本だけでなく世界で食べられている日本の伝統食である寿司を握るのが仕事...

料理研究家になるには

料理研究家は、料理学校や料理教室の先生の先生のことです。有名になると研究家になります。

パン職人になるには

パン職人は体力勝負です。早起きと力仕事、酵母菌と会話できることが必要です。

パティシエになるには

パティシエはデザート、スイーツ作りの職人です。女性のパティシエの姿が増えています。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ファッション・メイク・ブライダル」です。2007年11月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「スポーツ関連の職業」です。2007年10月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「フード・調理」です。2007年09月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索