トップ > 医療・心理の職業

サイトの閲覧をしやすくするために職業をそれぞれジャンル毎に分類 して紹介しています。

それぞれのカテゴリに分類された職業には小見出しがついており、 一言で特徴をあらわしています。詳細は職業名をクリックして先へ おすすみください。

当サイトでは多くの職業を調査し、わかりやすく説明しています。

医療・心理の職業のコンテンツ一覧

歯科助手になるには

歯科助手は働く女性にとって非常に人気の高い職業のひとつです。結婚後も続けられる仕事の定番

精神対話士になるには

精神対話士は、対話を通じて心に悩みを持つ人から前向きに生きる気持ちを引き出す仕事です。

介護福祉士になるには

介護福祉士は、高齢者や障害者の生活を支える介護のスペシャリストです。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士は虫歯の予防や保健指導、歯科医の補助などを行う職業です。

歯科医になるには

歯科医は歯のお医者さんです。すでに歯医者は飽和状態といわれており、競争が激化しています。

医師になるには

医師(医者)は病気や怪我を治すなくてはならない仕事です。高収入ですが激務です。

看護師になるには

看護師は白衣の天使といわれる人気の職業です。実際は男勝りの気の強い女性が多いです。

臨床心理士になるには

臨床心理士は心理学系の資格で最も知名度のあるの民間資格です。スクールカウンセラーとして活躍するケースが近年では増えているようです。

薬剤師になるには

薬剤師は医師・歯科医師と並んで、医療3師(医療系3大専門職)の1つといわれる職業です。

医療事務になるには

医療事務は女性に非常に人気ある職業(資格)です。働き方が柔軟なのが人気のようです。

助産師になるには

助産師は産婆さん、助産婦さんとかつて言われていた職業です。助産所や自宅での出産を望む人が増えてきており、 助産師という職業にも再び注目が集まっています。

理学療法士になるには

理学療法士は身体に障害を負った患者のリハビリを担当して身体機能を回復させる仕事です。

ケアマネジャーになるには

ケアマネージャーは高齢化社会を支える介護・福祉分野のスペシャリストです。

医療・心理の職業

更新履歴

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年08月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年07月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年07月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「医療・心理の職業」です。2007年07月17日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索